健康教室のご案内

IMG_3810今日は10年来の寒波到来ということで
各地で雪や風による影響が出ているようですが
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

おかだ鍼灸院の健康教室も毎月、開催させていただき
ありがたく御礼申し上げます。

昨年の7月に当院からほど近い、久覚寺さまにて
講演会をさせていただき、たくさんの方に参加して
いただきました。ありがとうございます。

早速ではございますが第2弾ということで今年も
2月28日 日曜日 午後2時より
テーマ「みる(見る・観る・診る・視る・看る・覧る・・・)
場所; 久覚寺【浄土院本願寺派】

 

にて、開催させていただく運びとなりました。

講演者は前回と同じメンバーでの開催となります。

 

筒井 香 先生   大阪体育大学体育学部 心理学博士
          認定スポーツメンタルトレーニング指導士

橋本 健人     浄土院僧侶

岡田 彰久     おかだ鍼灸院 院長

楽しみにしております。

IMG_3770

 

 

 

カテゴリー: 赤ちゃん・育児 | コメントする

体操教室in北巽老人憩の家

本日は北巽老人憩の家にて「健康教室」に参加させて
いただきました。
今回のテーマは 「冬の過ごし方」

冬は寒いので体を動かしたくないですね。
寒い時期は筋肉を激しく動かすのではなく、効果的に
体の内部を動かすことが大切です。

激しい雨の中、多くの参加者の皆様には楽しんで
いただけたようで講師冥利に尽きる1日となりました。

ありがとうございました。

北巽老人憩の家

カテゴリー: 体操教室 | コメントする

「極楽浄土」 in 久覚寺

平成27年7月26日の午後2時より当院から程近い 浄土真宗本願寺派 久覚寺さまにて、イベントを開催 させていただきました。

テーマは 「明るい未来を築くための心と体の使い方」

 

講演者は  大阪体育大学の講師で心理学博士・スポーツメンタルトレーナー
筒井 香先生

久覚寺の僧侶 橋本 健人さま

と私、おかだ鍼灸院院長の岡田彰久

でお送りさせていただきました。

 

東洋医学と心理学、仏教の視点から健康や生きる上での大切な視点を 学ばせていただきました。

各立場から色々な意見が出され、大変に興味深いお話になりました。

暑い中、ご参加いただきました皆様に感謝いたします。 ありがとうございました。

IMG_3770 IMG_3810

カテゴリー: 未分類 | コメントする

埼玉県で口コミ1位の「ひしやま長生療院」のご紹介

IMG_0800

 

 

 

 

 

 

「ふっかちゃん」で知られる埼玉県深谷市の ゴッドハンド
菱山博亮先生を紹介させていただきます。笑

埼玉県で口コミNO.1の評判通り、菱山先生の治療技術も
さる事ながら温厚なお人柄も患者さまのみならず、
惹かれる ものがある先生です。

菱山先生とは全国の治療家の集まるセミナーで約3年前に
お会いして依頼、親交があります。 私と同じ「柔道四段」
の腕前で現在も審判や指導者として 忙しい最中も柔道界
にも貢献されています。

 

菱山先生は知る人ぞ知る「長生医学療法」の流れを
受け継いだ正統派の治療家で現在ではそこでも指導者
として活躍され、治療家からも厚い信頼のある先生です。
セミナーなどでお会いしてもたくさんの治療家に囲まれて
お話されていることも珍しくなく、誰からも愛される 先生です。

 

私とは同年代ですが現在も柔道だけでなく、
スキーもこなされる スポーツマンで、ご自身の体の
メンテナンスもきちんとされる プロ意識の高さと
いう点においてもいつも学ばせていただいて います。

埼玉県にお嫁に行った当院の患者さまにも自信を
持ってお薦め した菱山先生の治療院は予約が
取れない治療院としても有名で すが私に連絡くだされば、
内緒で頼んでみますのでご連絡ください。笑

 

【深谷市の整体マッサージ】埼玉県で口コミ1位の「ひしやま長生療院」

埼玉県深谷市岡里1-9  (JR岡部駅から徒歩7分)

TEL 048-585-4270

ホームページ http://www.hishiyama-chosei.com/

口コミサイト http://www.ekiten.jp/shop_551408/

facebookページhttps://www.facebook.com/hmxsy

深谷市・熊谷市・本庄市近隣で肩こりや腰痛でお悩みの方は

ひしやま長生療院」へ行きましょう。

fukayastation1

 

 

 

カテゴリー: 院長ブログ | コメントする

新年明けましておめでとうございます。

平成27年もスタートしました。 皆様、どんな新年をお迎えでしょうか?

今年の干支は「ひつじ」ですね。

東洋医学では十二支(子丑寅菟辰巳午未申酉)の それぞれの刻に内臓の各部を配当して 「一番働きの旺盛な時間や日・週・年」を 割り当てています。

四柱推命などの占いもこんなところから色んな 性質や性格、
年回りなどを決めています。 と言う方が解りやすかもしれませんね。
占い風に言うと「内面を鍛える年」という風になります。
大事な部分を育てていく年になります。

今年の未年には「小腸」が割り当てられています。
あまり、馴染みのない小腸ですが実は大変重要な 部分です。

 

小腸が「ガンになった」というお話はあまり聞きませんね。
小腸は「栄養を吸収する」生きていく上で最も 大切な部分の一つで
先天的な病を除いては 病の侵されにくい場所の一つです。

そんな小腸の養生で一番大切なのは 「腸内温度」の管理です。

腸内は「38.5℃前後」が適温とされており、その働きが
最も効果的になる適温とされています。

東洋医学では「免疫力低下に対する治療」や「アレルギー症状」 など
の治療の際にはこの小腸の温度を上げることを目的に する手法を用います。

体の内部を意識して、生活することで 肉体的にも精神的にも
活力アップすることが期待できます。

養生としては基本的なことですが

1、冷たいものの食べ過ぎ・飲みすぎは控える

2、甘味とくに白いお砂糖を控える

3、冷房のかけ過ぎに注意する

これらの摂り過ぎは腸内温度を低下させます。

平成27年未年は体の内部を鍛える年と位置づけてみてください。
その後の生活にゆとりが生まれることをお約束します。

112332

 

カテゴリー: 院長ブログ | コメントする